スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左手が神経障害なんですって

2008年08月28日 01:53

月曜日火曜日と大してパソコン作業してなかったのに、水曜日の朝っぱらから左小指の下辺りがビリビリ痛むので、こりゃ不味いかも、金曜日までの仕事で酷使するつもりなのにと、慌てて整形外科に行ってみました。
結論から言うと、こういう症状で整形外科は失敗だったかなー。
とりあえず、末端神経の障害が出てて、左小指の内側と外側の感覚が全然違っちゃってました。
外側の方、痛覚というか感覚が鈍化しちゃってた。
ちょっと自分でも驚いた。
なんですが、整形外科の医者にとっては取るに足らないものらしく、もっと酷くなったら手術してやるよ、その程度で大騒ぎしてんじゃねえ、ビタミン剤でも飲んでてめえでマッサージしてろ(金払ってマッサージ受けるほどでもねえだろ)、運動してれば治るんだからよと、要約と雰囲気を表すとこんな感じでした。
まあ、だろうね。
その通りだと思うよ。
整形外科に取ってはね~手術してなんぼだもんな。
とりあえずビタミン剤は出してもらいました。

んで、その後接骨院に行って、置き鍼と消炎湿布をもらってきました。
いや~しかしかなり痛覚麻痺ですよ、ちょっと自分で退いちゃった。
だって、左小指にしてたピンキーリング、思い切り食い込んでたのに全く何も感じてなかったもん。
いつから食い込ませてたんだろう…2年前か??
正午に外したというのに、未だに関節か?ってくらい食い込み痕が残ってます。
なのに、痛みはおろか、食い込んでる感覚すらなかったという…。
いや~ちょっと酷いね。
自分に呆れたね。
今もビリビリ痛いので、金曜日納期の仕事をどうしようかと考え中です。

実はブログ書くのも痛い。
スポンサーサイト



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。