スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

US OPEN 3回戦!

2007年09月02日 12:14

早くも3回戦で女子にでっかい波乱が来てます。
シャラポワ敗退、バイディソバ敗退。
ペトロワとヒンギスも負けたんでしたっけ。
シャラポワとバイディソバの試合は見てたので、簡単に感想など。

シャラポワVSラドバンスカは、1stセットがぎこぎこシーソー試合だったんですが、どちらかというとラドバンスカが押してたのかな。
だから、ラドバンスカが7-5(あれ、6-4だったかな)でセットを取った時は、あ、シャラポワ負けるかな、と思いました。
なんだけど、セット間でシャラポワがバスルームブレイクを取って、それが良い気分転換になったのか、セカンドセットはシャラポワ優勢、スコアも6-1と一方的で、これは完全にシャラポワが息を吹き返してこのまま行っちゃうかな、ラドバンスカも1stセットまでかなという印象だったんですが。
ファイナルセットに入ってからのラドバンスカが違った。
セレスを思わせる腰を低く落としてのストローグ、思いきりの良いフルスイング、要所要所で良いコースにショットが決まってたし、なにより競り勝てる精神力を持ってた。
シャラポワの気迫に押し負けなかったっていうのは賞賛ものですよ。
シャラポワも、ネットを意識したプレーで、前へ前へ詰めていくテニスは良かったと思うのですが、何せダブルフォルトが多かった…。
10回を超えちゃあちょっとね。
でも、ストローグは悪くなかったと思います。
ただ、何というのかな、ラドバンスカのような新進気鋭の人たちとのプレイの差があんまりなかった気がします。
同じレベルの試合してた。
プレイで圧倒出来なかったんだよね、これがシャラポワっていうショットもさほどなく。
ラドバンスカが、シャラポワへの勝ちを意識せず、最後まで攻めのプレイを続けちゃったら、今のシャラポワには崩すのは厳しいかもしれない。
その辺、やっぱりエナンやウイリアムズ姉妹にまだ至れないのかなーと。
苦戦しようが何だろうがねじ伏せるっていう強さがね。
シャラポワもそろそろそっち側に行かないとまずいんじゃないかな。
数年前とプレイが変わってないと指摘されるのがここかな、という気がします。
だからこそ、ネットに出るようにしてるんでしょうけど。
3回戦で負けたっていうのは、思い知るにはいい機会だったかもしれません。
期待してるから、もうちょっと頑張ってくれ。
あの気迫は本当に凄いと思うからさ。

バイディソバとペールの試合も、シャラポワと最終的には同じ感想かな。
試合展開はさすがに違いますが。
1stも2ndも初めはバイディソバがリードしていて、なのに逆転されちゃったのが1stセット、セット序盤が両方とも全く同じだったんですが、違ったのは2ndではバイディソバが逆転されずにセットを取りきってイーブンに戻したことです。
この辺、よく向こうに行っていた波を自分の方に引き戻したと思います。
ペールが良かったんだ、コートカバー力高いし、ちょっとでも隙があったら逃さず攻めてくるし。
バイディソバもよく攻めてたんですが、攻めきれなかった、取りきれなかったポイントがペールよりも多かった。
もったいないポイントがいったいいくつあったことか。
ランキングもバイディソバが上、実績もある、けど、もう差がなくなってきてますね。
ペールのテニスが全く負けてない。
堂々と渡り合ってた。
バイディソバにも勝つチャンスがなかったわけじゃないけど、印象としては、よくファイナル、タイブレークまで粘った、という感じでした。

両者の試合を通じて言えることは、もうネームバリューが全く通用しなくなってたってこと。
ランキング下位者が挑戦者であることには間違いないんですが、シャラポワもバイディソバも、迎え撃つっていうよりは、同じレベルでテニスしちゃってたように思います。
それくらい今、女子のテニスは差がなくなってんだな。
ラドバンスカにせよペールにせよ、ちょっと前までは苦戦する相手、だったのに、今や、手強い相手、気を抜いたら負ける、というとこまで迫ってきてる。
エナン一人が頭一つ飛び出ちゃってるんでしょうね。
ウイリアムズ姉妹は、ブランクがあるからまだかつてほどじゃないけど、でも、違うことには変わりなし。

新進気鋭レベルが非常に層が厚くなってきてますね。
気を抜いたらハンチコワやディメンティエワみたいに脱落する。
彼女たちはちょっと前まではこんなところで負ける人たちじゃなかったのに、今や本当にわからない。
いつまでも今のレベルに甘んじてじゃだめだってことなのかなー。
今最も波に乗ってる新進気鋭はセルビアの二人ですが、その下にも続々といるわけで。
かつての上位者がどんどん取って代わられようとしてる。
ディメンティエワ、ズボナレワ、ペトロワ、ハンチコワ、バイディソバ。
クズネツォワだけかな、踏みとどまってるのは。
問題は、そこにシャラポワが入っちゃだめでしょが!ってとこでしょー。
女子は当分混戦だな~。

さって、ブレイクvsコウベックが面白いので、そっちに戻りまーす。
ブレイク、ロブレドとの試合で、ようやくフルセット全敗記録からの脱出おめでとー。
ロブレドのが私は好きだから複雑だけどね!
ロブレドは相変わらず、カラフルボーダーシャツなんておちゃめなウエアを来てて、照れ笑いなんかしちゃってけしからん可愛さでした。
何だ、あの人、可愛すぎる!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。