スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「kalancoe」(ライコノ)通販開始~

2007年02月27日 01:46

宴2でのLamento新刊「kalancoe」(ライコノ)の通販を始めました。
既に書店でも委託販売を開始して頂いています。
よろしくお願いいたします。

えっと、前に通販したことあるから、振込先(郵便振替口座)はわかるし、送料込みの金額だけ教えてよって方に、「kalancoe」単品での価格をお知らせ致します。
「kalancoe」1冊で送料込み380円です。
通信欄に書いて頂くことは、これまでと一緒です。
タイトルは、「カランコエ」とカタカナでも良いですよ~。
よろしくです。
なお、振込先はブログには書きませんので、お知りになりたい方は、お手数をおかけしますが、お問い合せ下さいませ。
「kalancoe」以外の本も同時にお申込の場合も、組み合わせによって送料が変わりますので、お問い合せをお願いします。
面倒でスミマセン。

「kalancoe」の在庫はいっぱいあるので、春コミ新刊と一緒に申し込もうとかでも大丈夫です。
むしろ、春コミ新刊が出るかどうかの方が心配だ。
いや、「蝶よ華よ」は絶対だすよ!
今度出せなかったら頭を丸めるよ。
いや待て、それ普通だな。
よし、髪の毛を真ピンクに染めて春コミに行く、で、どうだ。
この歳でそれやったら相当醜悪ですよ。
自分罰ゲームはそれにしようっと。


追記:
銀行口座やぱるる送金をご希望の場合は、既に振込先をご存じでも、これまで通りお問い合せを頂けますでしょうか。
郵便振替口座のみ、振込先をご存じの方は、「カランコエ」単品申込に限り、問い合わせをすっとばして頂いても結構です。
その際、通信欄には必ず「本のタイトルと冊数」、「振込先住所氏名(宛名カード用)」のご記入をお願いします。
緊急連絡用のメルアドもあると、なにかありました際にご連絡が可能かと。
よろしくお願いいたします。

ちなみに、既に郵便振替口座の振込先をご存じでも、お問い合せフォームを経由して頂いても何ら問題はないです~。
お申込下さるお手間を少しでも軽減しようと思ってのことなので、個人的にはメッセージ減って淋しいな、なのです(笑)
なので、お問い合せフォームをこれまで通りお使い頂いても結構です。
ご都合の良い方でよろしくお願いいたします~。
スポンサーサイト

宴2お疲れ様でした

2007年02月26日 01:07

宴2お疲れ様でした。
気温は低かったですけど、日が当たってて風が吹かなければ耐えられないほどでもなかった(うっかりコートを脱いで買い物に出たら、外の待ち列に並ぶ羽目になったが、日向で風もなかったから耐えられた)ですね。
晴れてて良かったです、雨は嫌だ、雨は…ぶるぶる。

スペースにお立ち寄り下さった皆様、ありがとうございました。
お声も書けて頂いて、ありがとうございます。
差しいれもありがとうございました!(クィムの実…!)
ペラペラの新刊ですみません。
狗本落として、本当にごめんなさい。
やつれた風情で申し訳ありません。
九九を間違えるほど脳みそが疲弊してました…一人で行かなくて本当に良かった!
しかし、九九を間違えてしまったのは、いくら疲労していたからとは言え屈辱です。
耐え難い…!

イベントは、(私たちは)まったり過ごせて平和でした。
スタッフの皆様、ありがとうございました。
お疲れ様でした~。

それで、在庫変動です。
「Calling」は、おかげさまで完売致しました。
ありがとうございました。
なくなったのは、この本だけです。
「シャングリラ」は、ほんのちょっぴり残ってます。
「kalancoe」の通販受付も始めますので、ヨロシクです。

イベント中は、Sさんにいかに私が茶屋町さんの絵が好きかについて熱弁を振るい、某犯罪をちゃかしまくりとしゃべりたくってました。
あー、最近誰かに言いたかったことを全部喋ったわあ。
すっきりー。

イベント終わって、焼き肉屋の予約時間まで会社で仕事をし、食べ終わった後も服を衝動買いするという予期せぬハプニングがありつつも会社に行って仕事をしてました、
どんだけ仕事人間だ。
嫌すぎるー。

蝶よ華よ

2007年02月24日 10:22

無理。
だめだー…。

宴2新刊

2007年02月21日 02:08

「カランコエ」は確実に出ます。
入稿したもの!
正確には「kalankoe」ですが、カタカナでいいや、もう。

単価は300円でございまする。
十分な数を持って行くので、むしろ持って帰るのが大変そう。
結局「Notice」と同じ数だけ刷ったので(印刷所が違うから予備の数が全然違うけど)、「霧笛」に次いで多い発行部数になりました。
どうやって在庫をなくそうか、今から必死です。
むしろ、どうやって狭い部屋に在庫を抱えるか、かもしれない。
それも、ただ積み上げるんじゃなくて、効率的な収納法。
うおー、それ超知りてえ。

「蝶よ華よ」は、無理なんじゃないかと諦め入ってます。
本当にすみません。
今週、どこまで仕事を効率的に進められるかですが、外出が多いので難しそうな…。
えちシーンを全然描かなかったら出せるかもですけど、それじゃあ意味がない。
まったくない!
うーん、どうしよう。
金曜日の夜と土曜日の夜にやれたら頑張ります。

そんで、既刊は全種類持って行きます。
数は前にブログに書いた数より若干減ってますが、全種あります。
お取り置きを希望された方は、頂いたお名前でキープしておきますので、スペースにお立ち寄りの際は一言お声掛けくださいませ。
通販取り置きもOKですので、ご希望の方はご連絡下さいませね。

あ、そうだ、「カランコエ」は書店委託もお願いします。
しかし、見事に馬鹿プルでどうしよう。
本当にどうしよう。
「霧笛」どころじゃない。
いや、言ってる内容は「霧笛」のがやりすぎだけど(本当調子に乗りすぎ)、にゃんにゃんがちょっとね…。

背中回復~

2007年02月21日 01:54

毎日マッサージに通ったおかげか、置き鍼が効いたのか、ストレスが僅かばかりでも去ったのが良かったのか、背中の痛みがだいぶ引きました。
歩く振動でさえ響いて痛かったのに、今じゃあ走れるようになりましたよ(全力疾走はいろんな意味で無理だけど)。
左手で荷物を持てるようになった!
やった!

今は置き鍼ではなくテーピングで固定してます。
また会ったね、キネシオ。

業務はどんどん佳境に入っていくので、土曜日も仕事っぽいです。
日曜日もイベント行く前に仕事してたらどうしよう。
わー、シャレにならねえ!
イベントは行きますよ、もちろん!
イベント後はご飯食べに行くんだ!

カランコエ入稿

2007年02月19日 22:48

今朝脱稿して、夕方に入稿してきました。
報告書もむりやり終わらせた。

超眠いので、もう寝ます。

「カランコエ」難航中~

2007年02月18日 12:18

たかだか28Pの分量構成でなんでここまで苦しまねばならないのかと困惑するほど進みません。
おっかしーなー。
霧笛みたいに山あり谷ありの方が書けるのだろうか。
いやいや違うぞ、これは間違いなく気力と体力の不足だ。
仕事に精力吸い尽くされてるからだぞ。

36Pとか言っていましたが、カランコエは28Pが限界のようです。
月曜日が入稿日なのですよ~。
今から月曜日が報告会の仕事をしなければならないので(!!!!!)、原稿はいったん止めです。
報告会の帰りに印刷所に行って入稿し、会社に帰って残業です。
うおお、嫌すぎる。

左肩というか背中の激痛ですが、金曜日や土曜日ほどの痛みはなくなりました。
が、激痛から鈍痛に変わったくらいの程度で痛いことにはなんら変わりありません。
思わず呻く回数は減りましたが、気は抜けない。
まいったなあ。

今、宴2の原稿をまだやっていますが、春コミの締切も近付いているのです。
むしろ、締切一緒なんじゃないかって感じです。
宴2の締切と春コミの締切の間に、仕事の納期が4つくらいあります。
まあ、無理なんじゃね?春コミの新刊、という気分です。
蝶よ華よが春コミになるんじゃない?くらいのやけっぱちです。
ああ、背中が痛いよ!(本当、自棄)

あたしは何もLamento優先で本を出したいわけじゃない、咎狗だって出したいんだ、ED2やりたいんだよ、ED1もやりたいんだよ!と呻きながら身悶え悔しがっておりますが、どうにも状況は芳しくないです。
くーそーおー。

まあ、カランコエは、今日の深夜には脱稿するでしょう。
さすがにね。
ようやく二匹が服脱いだとこだけどさ。

左肩が…

2007年02月17日 13:17

昨日の夕方から、左の肩甲骨の辺りが原因不明の激痛です。
マジ痛い。
歩くだけでも痛い、深呼吸も出来ない、うがいものけぞれない。
肩を前に入れることは出来るのですが、後ろに張る動きが一切出来ないので、ほとんどの動作が苦痛です。
筋肉を縮める動きが痛いらしい。
響くのも厳禁です。

痛みに呻いていたら、顔まで痛くなってきました。
もう勘弁して~。


一言メルフォ(in blue)>
[左肩が…]の続きを読む

頭の指圧

2007年02月16日 08:45

相当集中的に頭を指圧してもらったら、凄くすっきりしました。
頭が締め付けられていないって、こんなにゆったりなんだなあ!
日常感覚が間違っていたことに、また一つ気付きました。
こうやって成長していくのかしら。

Lamentoバレンタイン企画

2007年02月15日 03:00

オフィシャル祭を聞いていきました。
何、Lamentoはお約束ネタを遂行するの…?
咎狗の時は、格闘ゲームとか、シキ様が運転手さんだったり家庭教師さんだったりと意表を突かれましたが、Lamentoは意表を全く突かれないなあ。
Lamentoでもとんでもネタで遊んで頂きたいのですが、ダメですか。
それを超期待してるんですけど!

ターゲットを絞らないで狙ってるから、なんか中途半端だなあ。
正直どう受け止めたらよいのか反応に困りました。
どれだ?どれに反応したら良いんだ??という気分。
嫌がるライに、も、萌え~…?(ライ狂的にはこれでいいのかな?)


反応に困ったのですが、このまま固まってるのもなんだかなと思い、ライ狂いらしく、ライの嫌がりっぷりについて考えてみました。

なぜ、ライはあんなに嫌がったのか。

1.coolだから。(沈着冷静と淡泊とノリの悪さのどれになるかは、本人の勘違いシーソーゲーム次第だけど、この場合はどれだろう)
2.照れ隠し。(恥ずかしがり屋さん…)
3.単純にアサトとの触れ合いが心底嫌。(多分、バルドだったらもっと嫌がる)

いかん、疲れすぎだよ、全然面白いこと考えられないよ。
人のこと言えないよ(全くだ!)。


つか、リビカでもバレンタインってあるのかな~と思ってたんですが、チョコじゃなくて、クィムの実とかをプレゼントしあうのかと思ってました。
すんげー捻りないですが、通勤電車の中でつらつらバレンタインもどきライコノを考えてました。
2月14日?にクィムの実をプレゼントして告白するとか、そういう習慣があって、その月になるとリボン結んだりしたクィムの実が店頭に並び出すの。
でも、ライはその習慣に疎くて(賞金稼ぎだから、雌と触れ合う機会があんまりなくて、とかで)、なんでこの時期だけクィムの実を飾り付けするんだろうとちょっと不思議に思いつつ、別に知らなくてもいいやと放置してるんだけど、コノエはちゃんと知ってて、ライにあげるためのクィムの実をちゃんと買ってたりする。
クィムの実を用意してちょっとそわそわしてるコノエに(うちはこんなコノエちゃんだ…)、バルドが親心を出して、ライに、ちゃんとクィムの実買ってきたかって確認するんだけど、案の定ライは買ってなくて、バルドがいいから黙ってこれを持って行け、んで、コノエに食べさせろとこっそりライにクィムの実を渡すの。
ライは不審そうにしつつも、まあ、クィムの実はコノエの好物だし、と、そこは(むしろ、そこだけは)おとなしく受け取るのね。
首傾げながら、ライが部屋に戻ると、コノエが待ってて、アンタお腹空いてないかって、クィムの実をぎゅーっと押しつけてきて、ライは、いや、お前の好物だろう、これ、って困惑するんだけど、コノエは、俺はもう食べたから、いいから食えよって押しつけちゃう。
ライがクィムの実を受け取るのを見て、コノエちゃん、やり遂げた安堵の溜息。
んで、ライは、何かよくわかんないまま、コノエに、お前に持ってきたんだが、今はいらないかって、バルドにもらったクィムの実を見せるの。
コノエは、ライからもらえるなんて、実は全然思ってなかったから、…いるいる!って大慌てで受け取って嬉しそうにしてて、ライは、なら、なんでこれ自分にくれたんだろうって首傾げなんだけど、コノエの耳と尻尾がぴーんと立ってて嬉しさ満面だったから、まあいいやとだまっとく、という、すれ違い馬鹿プル。

よくもまあ、こんなくだらないことを考えただけじゃなくて、ここに書いたよね…。
自分にびっくりだ。

2/14通販発送

2007年02月15日 01:29

2/13までに頂きました分につき、通販を発送致しました。
(実は、土曜日にも一度発送してます。言うの忘れてました、すみません)
今週末にはお手元にお届け出来るのではないかと思います。


業務に忙殺されてます。
頭痛だけならともかく、眼精疲労と顔面神経痛までトリオをなすのは勘弁して頂きたい。
挙げ句、肩、首、腕、手首、指、背中、腰、太腿、膝、足首、くるぶし、足の甲、足指と、血行不良やら凝りやら炎症の再発やらで痛いのですが、もうどうしたらいいかな。
気合いが疲労やストレスに負けている…。
若さがないなあ。

宴2に持ってく既刊

2007年02月12日 19:22

新刊は、ここまできたら「カランコエ」は出るだろう、「蝶よ華よ」はいい加減出そうぜ、なあ? という状況なので、既刊状況をば。
(しかし、現時点で新刊はすべて未定なのであった…)

今回はカートで手持ち搬入する予定です。
宅急便を受け取れる時間に帰ってこないもの…。

「Notice」はまだまだあるのですが、重いので(…)20冊くらい持って行けば充分かなと思ってます。
(気を抜くと、10で良くない? とか、いいや5で、とか言い出すので、最初の線引きが重要。私的に)
「シャングリラ」は8冊残ってるので、これは一応残部を全部持って行こうかと。
「空気の渦~」は16冊あるので、これも一応残りを全部持って行きます。
多分、イベント後も在庫あると思いますが。
「Calling」は、えーと、これも8冊あります。
これも、残り全部持って行きます。
「霧笛」は、50冊を印刷所から直接送って貰うので、当日分の在庫は嫌になるほどあると思います。
しまった、30冊にしとけばよかったと今更ながらに後悔中。
カートに入れて帰るんだからさ…ちゃんと持って帰れるだけの量にしようよ、計画性のない。

既刊の数は、「Notice」以外は、通販状況で数が変動します。
2/24までにお振込を確認できた分につきましては(2/24までにお振込、ではないです、すみません)、イベントに出さずによけておきますです。

新刊の数はいずれも変更なしでーす。
コミケでもあるまいし、まずなくなることはないでせう。

「カランコエ 03」(ライコノ)更新

2007年02月12日 19:02

サイト公開分をアプです。
さー、こっからめくるめく。
…めくるめく。
わー、自分で言ってて退いたー。

「カランコエ」は、トータルで36ページ行けばいいかな~と思ってます。
ガンバロウ、うん。
「蝶よ華よ」もあるのだよー。

ニトダイは土曜日に受け取りました。
茶屋町さん…!といそいそカレンダーを開封。
茶屋町さんの絵は、ホント目力ある…!
ライとシキ様の眼力にやられておりました。
なにあれ、壮絶に妖艶!
見た瞬間斬られても悔いなし!

カレンダー、たたなさんの絵は2枚とも使い回しだし、あー、コスト回収用とか思うのは仕方がないとして、オフィシャルワークスの作りが粗いのはちょっと。
時間ないのもわかるけど、もーちょっと隠そうとしようよーう。
とりあえず出したは同人誌で充分です。
商業誌はもうちょっとプライド持ってくれ。
とかいって、買ってりゃ世話ないよね、わかっているさ、あっはー。
文句言おうが、愚痴ろうが、金を落としてれば一緒一緒~。

しかし、オフィシャル、なんかもうちょっと設定資料あるかしらと思ったんですが、特に何もなかったですね。
おまけ書き下ろし画が全部?入ってたので、それはありがたいです。
んで、書き下ろしSSはアサコノだった。
書き下ろしライコノはいねがーとページを捲ってみたけど、ナカッタヨ。

茶屋町さんの美麗イラストを眺めてうっとりしようと思います。
この後斬られても悔いなしのシキ様もそうだけど、ライの目が妖艶すぎて、なんだあれ、やばすぎる!
いつか、ぜひとも悪魔ライを描いて頂きたいです。
きっと、この後食われても悔いなしなライが…!
思い起こせば、私、茶屋町さんのファンやっててもう15年なんだなあ。
あー、歳くったなあ。

ニトダイもうきた

2007年02月07日 23:24

不在だったから受け取れなかったけど!(これでも今日は当日中に帰って来れたんだい)
思ったより早かったです。
やはり単品だと早いらしい。

今日は日帰り出張だったんですが、移動中はずっとシキアキやライコノの体位について考えていました。
重なるとまずい、これまでと一緒も芸がない、しかしですね、48手と言われておりますが、実際使うのなんてそのうちのいくつかなわけじゃないですか、かぶるよ、どーやったってさあ!(逆ギレ)
今まで何冊か本を出してきましたが、その都度いつもと違うことをと思ってましたけど、そろそろ自分の限界を感じております。
濡れ場のインプットが乏しいからかなあ。
官能小説とか読んだ方が良いかなあ。
愛ルケとか(黒の総レースシミーズはエロいよね)。

一言メルフォ(7th Heaven)2/6>
[ニトダイもうきた]の続きを読む

「カランコエ 02」(ライコノ)更新

2007年02月05日 01:16

どこで区切ったがよいのか掴めず、だらだらっとアプです。
粗いのでまだまだ修正が必要ですが…。
会話続きが苦手になってしまった…マズイ。
最近、ほのぼのなんて書いてなかったので、どうにも調子というかテンポが掴めません。
やー、参った。
宴2新刊は軽いノリの話ばかりなので、このままじゃあまずいなあ。
(しかし、春コミ予定の話はすべてシリアス調なのであった…)

コノエが幼いのがどうにも。
ライに甘えてるんだよ!という言い訳も苦しい感じ。
ライも折れるの早いし。
仲良しさんだなあ…。

2/4通販発送~

2007年02月04日 18:41

2/3までにご入金を確認出来ていた分につき、通販発送致しました。
今週中にはお手元にお届け出来るかと思います。
年明けから「霧笛」増刷分の発送となっていた方々には、お待たせ致しました~。

今回は集荷をお願いしたのですけれど、一人一人の発送番号の控えに手間取っちゃったので、やっぱり今まで通りちまちまと馴染みの集荷センターに持ち込むのが通りが早いなあと思いました。
絶対に、確実に何を送ってるのかばれてるでしょうけども…。
お願い、聞かないままでいてね…。
(昔、郵便局員に聞かれたことがある私…。確かに書籍小包ばっかり頼んでいれば勘繰られるよ)

そうそう、「カランコエ」の表紙絵を頂きました。
hyoushi_k.jpg

Nちゃんありがとう!
大層可愛らしい二匹にしてもらったので、心おきなくいちゃいちゃさせようと思います。
あと、「蝶よ華よ」だ。
「さくらん」を探し回ってようやく買えたので、頑張ります。
いや、だから場所が遊郭なだけで、アキラは陰間さんではないのですが…。

ちまちまおホモではないマンガも買っているのですが、最近のお気に入りは「君に届け」@別マです。
貞子が可愛い!
いじらしい
1巻から読んでたんですが、もう、貞子が健気で一生懸命ででもその大半が報われないのに、いつだって前向き(でも陰気)なのがいじらしくてたまりません。
2巻は思わずほろりときたよ…!
孫を見守る心境です。
ちづと矢野ちんも可愛いです。
4巻も楽しみ~。

おおっと、そういえば、そろそろ夏コミ申込ですね!
期間オーバーしないように気をつけねば!

「霧笛」刷り上がり~

2007年02月03日 11:16

増刷分が到着しました。
わあ、予定通り、すごいや!

明日にはお申込頂いていた通販分を発送致します。
お待たせ致しました~。


書店委託も再開されてました。
早!

さすがにニトダイにキレる

2007年02月03日 02:05

いつかな、いつかなと思っていた冬コミセット販売。
ようやく告知したと思ったら即刻品切れっつうのは、まあ予想範囲内。
何がむかつくって、告知を当日にすることだ。

事前にしたまえよ、つながんねえなあと苛々しつつ、ようやく繋がったら品切れ表示で、挙げ句、予約受付の数量やら日程やらをいきなり見せられた人間の心証っていうのは決してよくないと思うぜ?

どうせこんな状況じゃあ、9日分もろくに繋がらず、繋がったと思ったら品切れなんだろうよとひねくれるわけですよ。
散々待たされてこの仕打ちかよって腐るわけですよ。
そしたら購買意欲ってば激減するわけですよ。
つうか、もう要らん。
カレンダーとオフィシャルワークスだけでいい。
メールブロックはデモベにするー。
(悪魔紋章のメールブロックがあったらそれにしたけどさ!)

既存ユーザーを大事にするというのは、メーカー生き残り策の基本だと思うの。
auがその良い例だと思うの。
あれだけ人件費かけてゲーム制作したんなら、グッズ販売やらなんやらで売上上げてコスト回収しないと赤字だと思うんだがどうよ。
全く余計なことだけど、企業体質を疑いたくなるぜ。
音響とかに拘るのは良いんだけど、コスト意識ないと会社が続かないよ?(本当余計なお世話)

コーチングシステム

2007年02月03日 01:41

コーチングシステム、シャラポワ使ってんじゃねえのよ~とツッコミ。
杉山も使用ですか。
まあ、あれば使うでしょうね。
しかし、やっぱり私は否定的なのデシタ。
東レ、ヒンギスとディメンティエワが調子いいな。
あー、やっぱり今日のQFは見に行きたかったなー!
特にセルビア対決を見たかった。
イワノビッチだろうな~とは思ったンだけど。

予定では、明日が、もう今日か、が「霧笛」刷り上がり日です。
届いてくれるかな(電話で確認しようとして業務に忙殺された私…)。

シャラポワに同感。

2007年02月01日 02:03

まったくもってその通りだよーと思う→コレ
「オンコート・コーチング」システムなんて全然いらない。
団体戦ならともかく(そもそも現行でコーチングOK)、個人戦は「コートに入ったらたった一人」という状況で、いかに自分の持てる力全てを出して戦えるか、というものなのに、なんでその醍醐味を台無しにするようなシステムなんか提案されなきゃなんないんだろ。
そんなの、「私は一人じゃ戦えません、不安です」ってメンタルの弱さをカミングアウトしてるも同然じゃないか、恥ずかしい。

しかも、その初試験が東レってのがまた情けない気がする。
日本人はメンタル弱いって言ってる気がして嫌だー。
日本人選手は我慢強いだけで、勝負所で強気に行けないあたり、結局メンタルはあまり強くないと思われる…。
(歯痒い…)
この辺、リー・ナに代表される中国人選手は凄いなあと思うので、アジア選手とかってひとくくりにするのは、彼女たちにとっては嬉しくないだろうな~。

もー、シャラポワ、どんどん言ってやって。
「嫌なら使うな」ですけれども、「チャレンジシステム(ジャッジのコンピュータ判定)」とは意味が違うと思うのだよー。
なんていうの、全然テニスに向いてないシステムなんだよね、台無しっていうか。
「チャレンジシステム」はもやもや感の解消としていいと思うんだけど、「コーチング」はさー、弱さの補助なんて超余計だと思う。
メンタルの弱さなんて、何年かかってもいいから、克服することにこそ意義があると思うんだけどなー。
でなかったら、たとえばノボトナのウインブルドン優勝までの軌跡はなんだったのさと思うし。

コートではたった一人、頼れるのは自分だけって状況がたたき込まれているので、こういうシステムの提案は、結構不愉快です。
ここまで毛嫌いするのってめずらしー。
アマに多いノーアドバンテージ制の導入も大反対ですけれども、コーチングはマジ嫌。
テニスの質を下げんなー。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。